静岡に在住しているお客様が、週末にかけて鹿児島の方とお見合いをしました。
11:00のお見合い開始でしたが、お電話があったのが17:00でした。

初めて鹿児島に行ったとの事で、一人で観光を楽しんだのかな~と
思っていましたら、ずっと一緒にいてくれたそうです。

桜島を見に行ったり、天文館通りを歩いたりと、とてもおもてなしを
頂き、大変感謝しておりました。
ありがとうございました(*^-^*)
お土産もかごにいっぱい詰めて頂き、嬉しいお声が聞こえてきました。

遠方から来てくださったときでもお見合いのルール上は1時間のお茶のみです。
決まり通りで間違いはないです。
でも、自分が行ったときの事に置き換えて考えてみたら、少し寂しさを
感じないでしょうか?

先日のお見合いは、遠方から来てくださっているにも関わらず、40分で
お見合いを切り上げられました。
落ち込んでました。。。。

時間がとても余ったとの事で、事務所に来て頂き、色々なお話をさせて頂きました。
私もあまりお会いする機会がないので、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました(*^^*)

弊社のお客様には、遠方より来てくださったお見合いの時は、お土産を準備するように
お伝えします。
そんなに高いものではなく、ちょっとした博多の名物をお渡しするように言っています。

最終的にはお客様の判断で良いので、強制はしていませんが
ほとんどの方がご準備しています。
「気持ちです」「感謝です」「ご縁です」

ほんのささやかな気持ちでも受け取る側は、自分の為に準備してくれたことに
悪い印象を持つ方はいないと思います。
そんなちょっとした気遣いが出来る弊社のお客様を誇りに思います。

お見合いのお引き合わせに伺う時、お二人が席に案内され座るまで
見守ります。
理由は、着席できただろうか、男性は女性を置く側にご案内したかを
見ています(*^^*)

店員さんは一人でお席の方に誘導します。
そして、椅子を引いてくださるのは、奥側のお席に着いた方になります。

昨日のお見合いで、女性が通路側に座り男性が椅子を引いてもらってました。
男性は恐縮されてました。
女性の顔は見えなかったのでわかりませんでしたが。。。。
女性はどう感じていたのでしょうか?

ちょっとしたお心遣い、出来ていますか?