生きるか死ぬかの悩み。
ちょっと、重いけど聞いてください。

余命を宣告されても生きたいと願う人もいれば、今、治療を始めればその病気と寄り添って寿命を
全うできても死を選ぶ人もいる。
人にはそれぞれに価値観がある。
その価値観を押し付けることは、絶対にしてはならない。
長年、同じ職種に就いて入れば、「経験」という価値観が育ってきます。
その価値観は、全ての人に当てはまるでしょうか?

当てはまりません。
人の悩みの深さは、他人には推し量ることはできません。
だから、悩みを聞かせて頂き、その悩みを一緒に考えていく、または尊重することが何より
寄り添うものにとって大事なことです。
・話してくれる時は、耳を傾ける。
・疑問を投げてきた場合は、答えはその人の心の中である程度決めてあるけれど背中を押す。
・悩んだ挙句、決めた方には、その決定に同調し共に進んで行く。(それが悲しい結論だったとしても)

人を通して学ぶ事ってたくさんあります。
人を通してないと学べないことも事実です。
お見合いのご縁は繋がるのに、どうしてもその先に進めない男性がいます。
自分の欠点は、話が下手な事ですと、おしゃっていました。
では、その悩みの解決に自分自身で努力したのでしょうか?
難しい努力をしてくださいとアドバイスしたことはありません。
話が下手という欠点がご自分でわかっていますので、それをカバーすることに努力してほしいです。

・まずは身だしなみです。男性はスーツですので、女性の店員に清潔感の出るスーツを予算はこれくらいで
お願い出来ますか?とスーツを新調し着こなしでカバーする。
・お見合い前に、髪をセットする。
・女性がお見合い場所に来る前に出迎えれる時間に来る。
・出迎える姿勢も大事です。特に足を組んでいたら、印象悪!!

会話の能力を身に付けましょう。。。だったらハードルが高いでしょ。
でも、↑で書いたことは、実行できませんか?
何も努力しなくてもご縁があれば、それはラッキーだし幸せなことです。
でも、現在、結婚で悩んでいる方は、何か打開策があるはずです。
年を取ると固定観念が出来てしまい、柔軟的に考える事が出来なくなりますが、頭で考えていても
心が動かなければ、素敵なお相手がそばにいても気付かないこともあります。

悩んでいる人生から脱出しましょう!!