20代の時、看護師をしていて、よくあるパターンですが、患者さんとお付き合いした事があります。

 当時、整形外科で働いており、事故やねんざ・骨折と結構、若い男女の患者さんが多かったです。
何年目かは忘れましたが、とても体調の悪い時にその男の子は診察に来ていました。
私は、外来で問診を取りました。
診察後、理療に入ったので、そこまで見て相当、気分が悪くなったので休憩室に行きました。
先輩が様子を見に来てくれて、今日は、帰りなさいと言われました。
私もきつかったので、お言葉に甘え早退する事にしました。
病院の玄関を出て、バス乗り場に歩いていく間に、病院の駐車場があります。
たまたま、理療を終えたその男の子が、車を出す所でした。
私に気付いた彼は「どうしたと?体調悪そうやね・・・良かったら送って行こうか?」
と言ってくれました。
私は実家だったので、あまり抵抗もなく、送ってもらいました。
その時は、連絡の交換はありませでした。
その後、何日かして、また、駐車場で会う事があり、この人とはよく会うな~と思いながらも、「先日はありがとうございました」と声をかけてお礼を言っていたら、世間話をしているうちに食事に行こうということになりました。
そんなこんなで、出会ってお付き合いしたんですが、彼とは結婚までは行きませんでした。
でも、想い出として心に残る男性です。
心に残り過ぎて、恋愛に臆病になっている男女は多いです。
でも、恋愛の傷は恋愛でしか治せません。
週末の予定が空いている方はライフパートナーへ