【Vol.09】5年間におよぶ長い婚活にピリオド

epi_title
2014,6,27更新
5年間におよぶ長い婚活にピリオド


epi_img0140歳でご入会された公務員の男性のお話です。
気遣いのできる、とても真面目で笑顔の素敵な男性ですが、
少々真面目過ぎるのか、口数が少ない控えめな一面がありました。
その為、お見合いは成立しても、お付き合いが長く続いていきません。
最初は目を合わせた会話も恥ずかしそうだったので
コミュニケーションを取っていくことから始めました。
もう少し自分に自信を持ったら、すぐにでも決まりそうな方ですが、
5年の間に自信をなくされた時期もあり、時には嘆いていました。
なんとか理解してくれる女性はいないかと頑張ってきた末に、
ようやくお見合いが決まりました。

これが最後という気持ちでお見合いに望んだ彼

epi_img02お相手は12歳年下の方でした。お見合いが決まって喜んでいる反面、
「もし、上手くいかなかったら…」という気持ちで不安な様子でしたが、
当日は、これが最後のお見合いという気持ちで一生懸命話したそうです。
その結果、今までとは違う雰囲気で、楽しく会話も続いたそうです。
その後、交際のご返答があり、彼も半信半疑ながら喜んでいました。
いつ断られるか不安な気持ちはいつも持ち続けていたようですが、
毎週デートを重ねるうちに、彼女も真剣に考えていることに気づき、
彼の自信に繋がっていきました。

プロポーズした彼に、彼女からサプライズ

epi_img03そんな中「今度の彼女の誕生日にプロポーズをしてみては?」と
提案したところ、「頑張ってみます」と力強い返答。
レストランを予約し、花束を準備して、自分の気持ちを伝えましたが、
正式なお返事は頂けず、彼女の気持ちが固まるまで、
気長にお付き合いを続けて待とうと結論を出しました。
ところが、次のデートの帰り際、彼女は先日のお礼にと、
彼にプレゼントを贈りました。律儀な人だなと思いながら、
家に帰り着くと、彼女から1通のメールが届きました。
「プレゼントの下にメッセージを入れているので読んで欲しい」
とのことで、開封してメッセージを読んでみると
「これからも末永くよろしくお願いします」と、プロポーズOKの返事が書かれていました。

こんな時代だから、共に生きる喜びを探して欲しい

epi_img04長かった冬が終わり、5年間の婚活に終止符を打つことになりました。
彼の心は春爛漫です。これからは二人で素敵な人生を歩んで行き、
末永くお幸せにお過ごしください。本当におめでとうございます。

いまの時代、独り暮らしをしていても不自由さを感じない世の中です。
だから、傷つくことに慣れていなくて、周りに臆病になってしまう…
だけど私は 「育ってきた環境が一緒だからこそ、共感できることが多い」
と考えます。その想いこそ、私とお客様との接点の深さであり強みだと…
だから、まずは私がとことんお話を聞きます。 お気軽にご相談ください。
about_img01