【Vol.10】2年間だけ福岡での婚活

epi_title
2014,11,12更新
2年間だけ福岡での婚活


epi_img0136歳の男性のお話です。大学を卒業して東京に就職。
その後、転勤がないと思っていた所、2年間だけ
福岡へ転勤の辞令がおりました。しかし就職先は福岡市内。
友人とも土日しか会えない状況に、寂しさにふけっていたところ、
「帰省の時、一緒に帰れるお嫁さんを見つけよう。」と思い立ち、
東京には二人で戻ろうと婚活を始めることになりました。
福岡の女性は地元愛も深く、地元を離れたくない方が多い為、
2年後には東京に行かないといけないというハンデがありました。

どうしてもお会いして欲しい相手へアプローチ

epi_img02素敵な男性でしたので、お見合いは数十件成立しましたが
ご成婚までたどり着くことはありませんでした。
しかし私の直感で、絶対にお会いして欲しい女性が見つかったので
1年目が過ぎようとしている時期にパーティーにお誘いしました。
パーティーは苦手とおっしゃっていましたが、
しっかりと説明を行い、快く参加して頂くことになりました。
パーティー後すぐ帰ろうとしていたので、お相手の女性に声を掛け
「時間があったら彼とお茶でもいかが?」尋ねました。
「帰りが同じ方向でしたら、是非ご一緒したい」との返答をもらい
少しぎこちなさはありましたが、そのまま二人は一緒に出掛けました。

2年後に地元を離れるというハンデを超えて

epi_img03その日の夕方連絡があり、
「パーティーでは印象は薄かったのですが、じっくりお話しすると
感じの良い方で、お付き合いしたい」と連絡がありました。
彼女の担当者からも交際の希望があり、
めでたくカップルが誕生しました。
その後は順調にお付き合いをされ、無事ご成婚となりました。
当初の予定より少し早目に東京に帰ることになりましたが、
ご両家のご挨拶、ご結納、ご披露宴、入籍まで出来て、
二人で東京へお戻りになりました。

こんな時代だから、共に生きる喜びを探して欲しい

epi_img04ご成婚までの道のりはひとつひとつ違いますが、
また、ひとつ奇跡のストーリーが生まれました。

いまの時代、独り暮らしをしていても不自由さを感じない世の中です。
だから、傷つくことに慣れていなくて、周りに臆病になってしまう…
だけど私は 「育ってきた環境が一緒だからこそ、共感できることが多い」
と考えます。その想いこそ、私とお客様との接点の深さであり強みだと…
だから、まずは私がとことんお話を聞きます。 お気軽にご相談ください。
about_img01